【映画】アマンダと僕

昨年東京国際映画祭にてグランプリを取った作品!気になっていたものの、ソウル旅行明けてバタバタしており、追加チケット取らず後悔していたのですが、日本公開が始まりましたー!6/22の初日に、監督と主演男優さんの舞台挨拶付きの上映に行ってきました!

恵比寿のガーデンシネマでーす。朝なので人がいない。作品のセレクトもマニアックで、映画好きな人も多く訪れるため、静かな鑑賞ができる事が多いので、好きな映画館です。

カシスのソルベの乗ったアマンダと僕のオリジナルコラボドリンクを頂きましたー!

先着でオリジナルのポストカードがもらえます。フライヤーと同じデザイン。映画グッズオタクとしては嬉しい特典〜。ガーデンシネマはこういう企画が多いので、嬉しいです!ドリンクも美味しかったですよ〜。

銃乱射事件のテロで大切な姉をなくしたダヴィッド、そして大切な母を失ったアマンダの物語です。社会問題の作品は沢山ありますが、残された家族にとって凄く悲しい事件なのに、事件を期に2人の関わり方や接し方が変わり強くなろうとする心の移り変わりに心打たれました。映画が終わってから頰が濡れ、心が温かくなる作品ですね。ダヴィッドがアマンダの前で何度もえんえん泣きまくっているのが良かったです。テーマ的には強く生きていかないとだめだよね!みたいな感じなのですが、そんな単純な言葉で言って良いのかな…と思ってしまいました。景色が綺麗で、アパルトマンから見える景色や自転車で駆け抜ける道路も、公園も、とても良かったです。

さてさて、舞台挨拶ですが、意外と長く話してくださり、お二人ともとっても気さくで可愛らしい方でした!ヴァンサンラコストさんは去年の夏に東京、箱根、京都に訪れたらしく、京都で40度を体験しシャツが汗でビショビショになった話をしてくれました〜。笑。やっぱり東京がお気に入りで、日本は親切な人が多くて街が綺麗だと言ってくれましたよ。

この日は、雨が降っていましたー。

0コメント

  • 1000 / 1000

DROP KICK

リハビリがてら始めた趣味と好きのblog